主な活動
J.P.P.A.作品展示会

第8回作品展示会DM

1997年から3年毎に全会員による展示会を開催しています。2018年8月30日、31日、第一ホテル東京において第8回展示会が開催され、延べ3000人近い入場者がありました。日頃の成果と共に親睦の輪が広がり、有意義なひとときを共有致しました。

同時に開催されたチャリティーバザーでは会員一人ひとりが心を込めて制作した作品を販売しました。次回は2021年夏に第9回目となる展示会を予定しております。

テーブルウェア・フェスティバル ~暮らしを彩る器展~

東京ドームで毎年開催されている「テーブルウェア・フェスティバル」にJ.P.P.A.は2009年から2012年まで毎年参加してきましたが、2013年より隔年に参加することとなりました。

2018年は2月4日から2月12日まで開催されました。J.P.P.A. 会員は恒例のディナーテーブルと共に、丸盆セットとカップ&ソーサー、お祝いのテーブル、アニバーサリープレートと感謝の気持ちを込めて手書き作品の数々を出展し、多くの方々から好意的な評価を頂きました。期間中は好天に恵まれたこともあり、総計280000人あまりの来場者をお迎えいたしました。

テーブルウェア・フェスティバル2018

年度イベント

2019年7月4日(木)に新入会員歓迎イベントとして43名ご参加のもと、世界有数のアンティークボタンが展示されている「ボタンの博物館」見学とマンダリンオリエンタル東京での昼食会を催行いたしました。

ボタンの博物館ではまず初めに学芸員:金子泰三様からボタンの起源や語源、エジプトで最も初期のボタンが発見されてからのボタンの歴史、ボタンの作り方などをお話頂きました。
その後、展示されている世界各国のボタンを金子様の知識豊富で楽しいお話を聞きながら鑑賞し、またビデオを見ていろいろ学ばせていただきました。貴族が好まれた刺繍のボタン、七宝焼きのボタン、フランスではボタンに風刺画が書かれていること、貝ボタンは世界で日本の生産量が最も多いこと、薩摩焼のボタンがヨーロッパで大絶賛を浴びたことなど小さいボタンにいろいろな意味があることを学びました。帰りには売店に置いてあったボタンの本の在庫がなくなってしまうなど、皆様ボタンの世界に魅了されていらっしゃいました。
その後マンダリンオリエンタル東京37階の広東料理「センス」にてお店のお計らいでお作りいただいた「JPPA特別メニューのコース」を頂きながら懇親を深めました。朝降っていた雨もその頃にはすっかりやみ、お食事とともに37階からの景色も堪能いたしました。

不行き届きな点が多々ございましたが、皆様に熱心にお話を聞いていただき、昼食会も盛り上げていただき、懇親を深めていただきましたこと、年度委員一同心からお礼申し上げます。

2019年10月30日(水)に秋のイベントとして42名ご参加のもと、創業100年の染の里二葉苑にて江戸染色の体験と椿山荘での昼食会を催行いたしました。

染色体験では、2グループに分かれて、普段手にしている筆を刷毛に持ち替え、14枚の型紙を用いてそれぞれの色を付けていくという体験をいたしました。最初は先生からの「肩の力を抜いてください」というお言葉にもかかわらず、緊張で余分な力が入っておりましたが、そのうち型紙を次々と隣の方に回しながら、どんどん色を付けていき、最後には職人さんになったように慣れた手つきであっという間に染色を行いました。なんと通常体験される方の半分の時間で完成をしてしまい、あまりの速さに先生も「さすがですね」と驚かれていらっしゃいました。色を重ねていくうちに絵柄が完成していき、同じ図柄にもかかわらず、参加された方の数だけ、ちょっとずつ違う色合いの素敵な作品が仕上がりました。
それを蒸している時間を利用して、工房見学をさせていただきましたが、1つの絵を染め上げるために、多い物で140もの型紙を使って色を付けていくという緻密さに驚きとともに、一筆一筆色を重ねていく絵付けとの共通点を感じたりもしました。楽しいひと時を終え、そのあとは場所を椿山荘に移し、美味しいお食事をいただきながら懇親を深めました。前日の寒い雨が嘘のように朝から暖かい穏やかな秋日和の中、染色とお食事を堪能いたしました。

不行き届きな点が多々ございましたが、皆様に楽しんで染色をしていただいたこと、昼食会も盛り上げていただき、懇親を深めていただきましたこと、年度委員一同心からお礼申し上げます。

社会貢献活動

2019年度は下記へ寄付いたしました。

千葉県災害対策本部
日赤令和元年台風19号義援金
一般社団法人 古伊万里再生プロジェクト
児童養護施設「野の花の家」
重い病気を持つ子供と家族を支える財団
国立育成医療研究センター